様々なメディア

アナウンサーの役割 - マスコミ関連

マスコミ関連 > アナウンサーの役割

アナウンサーの役割

テレビやラジオなどメディアの中から大衆に向けて何か伝える際にアナウンサーの存在は欠かせません。
アナウンサーは伝えるプロとして訓練され、私たちに物事を分かりやすく聞きやすい話し方で伝えてくれます。

聞く側や見る側にとって滑舌に問題があったり、話し方に違和感があるとそこばかりが気になって肝心の内容が入ってこないことがあります。
そんな時にスムーズに安定した話し方をしてくれるアナウンサーの存在はとても重要になります。

アナウンサーは各テレビ局に所属している人と個人や事務所所属のフリーの人と2種類いて、それぞれが役割に応じて使い分けられています。
たとえばテレビ局勤務のアナウンサーはその局の番組でしか出演することができませんから、必然的に範囲は限られます。
一方でフリーのアナウンサーはフットワークも軽くどこの局の番組にも出演することが可能です。
しかし、テレビ局勤務のアナウンサーは安定した給料と仕事が約束されているのに対して、フリーアナウンサーは依頼がなければ仕事はありませんからそれなりの力量と知名度が必要になります。

参考にこちらのリンクもどうぞ⇓

pickup

樹木葬の比較サイト

Last update:2017/9/11

top